シミを消す:炎症性色素沈着について



炎症性色素沈着のシミは皮膚が炎症を起こしてしまった後、その部分が色素沈着してできます。一般的なシミと同じで丸く薄い茶色をしています。
シミを消す化粧品、失敗しない選び方は?

紫外線が原因ではなくて、傷跡や火傷、虫刺され、ニキビ跡、アトピーなどでお肌が酷い炎症を起こしたことが原因です。 炎症した部分がかゆくなり、爪で掻きむしったりすると皮膚に過度な刺激になって、くすんだ茶色い肌になることがあります。

皮膚が刺激を受けると活性酸素が発生し、その活性酸素がシミの原因となるメラニンを生成するのです。 紫外線を長期間、浴び続けてじわじわと炎症が起こったシミと同様に強い刺激によって短期間で炎症を起こしシミとして残ってしまいます。

ニキビや吹き出物は顔や胸や背中にできやすいですが刺激をうけるとニキビ跡の赤みが残り、徐々に茶色から濃い茶色になってゆきます。 アトピー性皮膚炎が原因のシミは、ひざやひじの裏側にできやすく紫外線を浴びると濃くなっていきます。

炎症性色素沈着をケアするのは美白化粧品が効果的です。 炎症性色素沈着のシミは2種類あって、時間経過とともに次第に薄くなっていって消えるタイプと、そのまま消えないで色素が沈着するタイプがあります。

初期段階では、この両者のどちらかなのか区別はつきませんから、できるだけ早く美白化粧品でのスキンケアをおこないましょう。

軽い症状ならば簡単に消えてくれますが長時間経過してしまったシミは美白化粧品を使用しても、すぐにシミが消えることはありません。 だからニキビや虫刺されで炎症した場合は、すぐにでも美白化粧品を使うようにお薦めします。

美白化粧品はハイドロキノンやビタミンCが配合されているものが良いでしょう。 お肌が敏感になっている時は、お肌に優しく低刺激な商品を選びたいし、使用前のパッチテストもきちんと行いましょう。

お肌のターンオーバーを活性化させるために漢方薬の内服薬を処方したりするクリニックもあります。 またメラニンが生成するのを抑制するアルブチンも注目されています。 トラネキサム酸は炎症を抑える成分として有名ですから炎症性色素沈着には有効でしょう。
naive

美白のためのスキンケア

肌を白くきれいに保つためには、丁寧なスキンケアが必要になります。人によって肌質はさまざまですし、その人その人の特徴があり、それに見合ったケアが必要となりますが、ここでは、どの人の肌にも共通する、美白を作るためのスキンケア方法について解説していきます。

まず、大切なことは、肌を洗う時には必ず自分の手で洗うということです。ブラシやタオルを使った場合、その繊維で肌が傷ついてしまいます。肌を傷めない専用のコットンなどはその限りではありませんが、そうではない場合は、肌にダメージを与えないように自分の手で洗いましょう。

洗う時には、強くこすらず、泡を大きくたてましょう。泡で肌を包み込むようにして、しっかりと汚れを取り除きましょう。極端なことを言うと、泡で肌を覆うと、手と肌が触れないでも大丈夫なのです。

強い摩擦、刺激は逆効果になります。また、人の肌は弱酸性と言われています。一方で水道水は中性ですので、そのままですと、肌の属性に影響を与えてしまいます。化粧品や石鹸は中性のものではなく、弱酸性のものを使うと、肌のうるおいをそのまま維持することができます。

その後、スキンケアに入る前は、事前に手を温めておくと効果的です。手の温度が低いと、洗顔料や化粧水、クリームなどを使う場合、肌への浸透力が落ちてしまいます。きちんと、まんべんなく肌へ浸透させるためには、温かい手で行うことが肝心です。ただし、あまりに浸透させようとして、肌を叩いてしまうと逆効果、当然の如く肌を傷つけてしまいますので注意しましょう。

ケアをする頻度ですが、多すぎず少なすぎず、あまり多いと肌を傷つけてしまいますし、少ないと効果がありません。特に顔は、朝晩の1日2回を目安に洗うことを心掛けてください。皮脂を落とし過ぎると却って、脂っぽくなってしまいますので、ニキビなどの肌荒れの原因ともなります。

肌にやさしく、しかし、丁寧に根気よく、が美白のためのスキンケアのポイントです。

シミ取りにスクラブ、ピーリングを使用する

シミ取りには原則的に、弱酸性の肌にやさしい洗顔料による洗顔、洗浄が望ましいのですが、場合によってはスクラブ(古い角質を取り除くための角質除去剤入り洗顔料)を使用するとよいでしょう。スクラブと言葉だけはどのサイトでも出てきますが、肝心の内容について書いていないものがほとんど不親切極まりないのですが、要は肌をきれいにするための「ツブツブ」入りの洗顔料になります。

新陳代謝が鈍くなって、メラニン色素が沈着してしまった肌の角質は、スクラブによって物理的にこすって落とすことができます。韓国式のあかすりで、体のあかをごしごしと落とすようなイメージをしてみてください。

ただ、当然のように肌を削って落とすわけですから、敏感な肌の人には向かない方法ですし、毎日やっては肌を傷つけてしまいます。スクラブ洗浄の頻度は週1回程度を目安に、個人で調節していきましょう。刺激がありますので、頻度を上げることはあまりなく、もっと間隔を開けることは個人によってはあるようです。

もう1つピーリング洗顔料というものがあります。これは、スクラブとは違いツブツブは入っていませんが、角質を溶かしてしまう酸が入っています。スクラブが物理的に角質を除去するのに対して、ピーリングは科学的に角質を除去するものになります。こちらも、肌に刺激を与えるため、使用頻度については注意が必要になります。

両者ともに、肌の表面を削り落とし、その下の新しい細胞を表に出すため、皮膚の状態が新しくなり、その肌は保湿性に優れます。また、刺激によって、肌の新陳代謝が活性化するため、細胞組織の入れ替わりも早くなり、シミも消えやすくなります。

良いことだらけのようにも見えますが、物理的、科学的の差異はあれど肌を削ってしまうこと、つまりダメージを与える方法であること、すべての人の肌に適した方法ではないことなどを考慮し、慎重に使用をするようにしてください。

まずは、通常の洗顔料、石鹸を使用してそれでも効果があまり見られない場合など、使用には段階を踏むとよいでしょう。ドラッグストアの薬剤師の人にアドバイスを受けてもよいかと思います。

ページの先頭へ