お肌にぴったり!ハイドロキノンの濃度とは?

ハイドロキノンが高濃度な商品ほど、効果を実感することができるといわれていますが、あまり高濃度な商品を使用してしまうと、肌トラブルを招いてしまいます。 そのため、お肌にぴったりの濃度を理解しておく必要があります。一体、どのくらいの濃度が安全なのでしょうか。詳しくみていくことにしましょう。

まず、市販品についてですが、上限が最大で5%程度までと決められています。ですから、それ以上の濃度が含まれているということであれば、医師へ相談して使用しなければなりません。

一方、医師がハイドロキノンを処方する場合は、最大で10%までとなっているのですが、実際のところ上限いっぱいのハイドロキノンが処方されることは、ごく稀なようです。 尚、それ以上の濃度となると、肌に悪影響を与えるため、大変危険だと言われています。それでは、初めてハイドロキノンを使用する場合は、どのくらいの濃度から始めれば良いのでしょうか。

自分の肌質に合っているかを確認する意味でも、1~3%の濃度に止めておいた方が良いといえます。低濃度の商品であれば、顔に限らず全身に使用することができますし、リスクも大変少ないため安心です。

それ以上の4%から5%となってくると、初心者向けとは言えないかもしれません。確かに、効果を実感しやすくなる傾向が強くなりますが、その分、肌が強い刺激を受けますので、一気に肌トラブルへと発展する恐れがあります。

ですから、事前に医師に相談した上で、安全性を確認してから使用するようにしましょう。また、使用する場合は、問題のある部位にだけ使用し、改善がみられた時点で使用を中止することをおすすめします。

それから、濃度が6%以上の商品を使用するのであれば、自己判断せずに、必ず医師に相談する必要があります。市販されているものが、必ず安全とは限りませんし、中には濃度が明確に記載されていない場合もあります。大変危険ですので、注意するようにしたいものです。

また先程、市販品の濃度は最大で5%程度というお話をしましたが、ネット通販で、5%以上のハイドロキノン配合商品を購入することは可能です。市販品の配合濃度を超えた商品は、医師へ相談してから使用しましょう。

ページの先頭へ