シミのない白い肌を作るのは睡眠の質?

一度出来てしまったシミを消すのは容易なことではありません。美白も、ただ美白化粧品を使っていれば肌が白く美しくなるというわけではありません。シミや肌のくすみを事前に防ぎ、美白の効果を上げるためには、ターンオーバーを整えることが何より大切です。
http://www.exermusic.com/kiji12/

そこで考えたいのが、毎日の睡眠の取り方です。 現代は誰もが忙しく、慢性的な睡眠不足という状態の人も少なくありません。 しかし、ターンオーバーが順調に行われるためには、質の良い睡眠は欠かすことが出来ないのです。 というのも、新しい肌は寝ている間にしか作られないからです。

ターンオーバーというのは、表皮の奥の基底層で作られた新しい皮膚細胞が、細胞分裂しながら表皮に押し上げられて、古い角質が自然に剥がれ落ちる働きのことです。 ところが、この細胞分裂は睡眠中にしか行われないことがわかっています。

つまり、睡眠不足が続くと古くなった角質はいつまでも肌表面に残ったままで、シミやくすみはどんどん深く、ひどくなっていくということです。 しかもこの肌の再生が活発になるのは、寝入ってから最初の3時間です。 日中、脳に集中していた血液が肌や内臓に流れ出し、細胞分裂が活発になるのです。

加えて、代謝を高める成長ホルモンは、夜眠っている間に出されるので、しっかりと眠っていれば、それだけでも美肌効果が高まるということになります。 また過剰なストレスも、ターンオーバーを乱して肌トラブルをおこす大きな原因になりますが、ぐっすりと眠ることでストレスが解消されると言われています。

美肌や健康状態に悪い影響を与えるストレスを減らすためにも、質の良い睡眠を取る工夫をしてみて下さい。 忙しくてどうしても十分な睡眠時間が確保できない、という場合はせめて生活サイクルを朝方に変える努力をしてみましょう。

ホルモンの分泌や睡眠環境を考えても、夜早めの時間に睡眠に入る方が熟睡しやすく、成長ホルモンの量も大きく変わってきます。 夜は早い時間に眠り、その分朝は早く起きるという早寝早起きの習慣に変えるだけでも、睡眠の質が変化します。 シミのない肌、美白を目指すなら、良質な睡眠の確保は欠かせません。

ページの先頭へ